ホームセキュリティの選び方

ホームセキュリティの選び方

ホームセキュリティの選び方

「ホームセキュリティを考えているけど、デメリットはあるの?」「料金相場はどれくらい?」「賃貸マンションでも利用できるホームセキュリティは?」など、ホームセキュリティ選びに困った時のヒントになる情報を紹介しています。

 

ズバットホームセキュリティ比較

ズバットホームセキュリティ比較

大手警備会社の資料請求ができる

最大7社の資料請求が無料

上場企業が運営で個人情報保護も安心

ISO取得

ズバットホームセキュリティ比較

メリット査定会社オススメ度
1度の手間で複数査定依頼7社

 


各サイトの特徴

ホームセキュリティを選ぶ際に気になるのが「お金」のこと。

 

各警備会社のWebサイトを見ると「月々3,000円から始めるホームセキュリティ」などの宣伝文が載っていますが、ホームセキュリティには、月額料金だけではない様々な費用が必要になります。

 

ホームセキュリティにかかる値段

 

費用には最初の導入に際してかかる「初期費用」と毎月支払う「月額料金」の2つに分けられます。

 

【初期費用】

 

セキュリティ機器料
保証金
工事料
【月額料金】

 

基本使用料
通信料
かけつけ料
セキュリティ機器料

 

開閉センサーや空間センサー、コントロールパネル、防犯カメラなどのホームセキュリティに欠かせないセキュリティ機器にかかる値段です。

 

セキュリティ機器料は、取り付ける機器の種類や数によってトータルの値段が変わります。

 

導入する際に買い取りプランを選ぶと、セキュリティ機器料がかかります。レンタルだと0円ですが、別途保証金が必要です。

 

買い取りとレンタル、どちらが安くてお得になるかは一概に言えませんが、住んでいる家が賃貸物件でなければ、長期的に見ると買い取りプランの方が安くなる傾向にあります。

 

保証金

 

セキュリティ機器のレンタルを選んだ場合にかかる費用です。工事料に値段が含まれている所もあります。値段は2万円ほど。

 

機器の故障、破損などの修理費に当てられますが、問題なく契約が満期終了した時は、戻ってくるお金です。契約期間中に解約した場合は返金されません。

 

工事料

 

センサーの取り付けや回線の接続などにかかる費用です。

 

取り付け作業が大掛かりになればなるほど、工事料の値段は高くなる傾向にあります。一般的なセキュリティ機器取り付けであれば、50,000円〜80,000円ほどです。

 

アルソックのゼロスタートプランのように工事料が0円で、ホームセキュリティを始められるプランもありますが、その分月額利用料は高めです。

 

基本使用料

 

ホームセキュリティサービスの利用で毎月かかる費用です。

 

基本使用料と通信料、かけつけ料合わせて「月額料金」とも呼ばれます。月々の料金は業者やプランによって異なりますが、月々3,000〜7,000円程度。

 

買い取りとレンタルで月々支払う基本使用料が異なり、レンタルは買い取りプランより数千円高くなります。また「見守り」「火災予防」など防犯対策以外だと、基本使用料が安くなります。

 

通信料

 

セキュリティの設定、解除など、業者との通信でかかる費用です。

 

インターネット回線の利用では通信料は無料、電話回線は通信料(電話料金)がかかります。

 

またスマートフォンや携帯電話でセキュリティの設定、解除する時も通信料が必要です。
ただし定額制料金でネットを使っている人は、通信料に関して特に気にする必要はありません。

 

かけつけ料

 

異常が発生した場合、警備員が駆けつけてくれるサービスにかかる費用です。

 

セコムやアルソックのかけつけ料(緊急出動料)は、月額料金に含まれていますが、他の業者の中には、かけつけ料が別途必要で1回5,000円ほどの値段がかかるプランもあります。

 

その分、月額料金が安いので「自宅で問題が発生した時に自力で対処するかどうか」で、プランを選んでみると良いです。

 

最後に

 

ホームセキュリティを選ぶ際、どうしても月額料金の安さに目がいきがちですが「初期費用」の値段も忘れずに確認しておきましょう。

 

また同じ業者でも、利用するプランやセキュリティ機器の種類や数、買い取りとレンタル式などでも、料金が大きく変わります。

 

見積もりの人は、家庭や防犯に対する希望に沿ったプランを提案してくれるので、まず一度自分の家庭でを導入する際に、どれだけの費用がかかるのか知っておくと良いです。

 

できれば複数の業者から見積もりを集めた中で、料金の安い高い、月々の支払い金額などを比較してみると、それぞれのメリットデメリットが分かりやすくなります。


ホームセキュリティの見積もりや契約前に確認すべき6つの注意事項

ホームセキュリティを選ぶ際に最も重要と言えるのが「見積もり」「契約前の確認」です。

 

導入する前には、担当者の人に自宅に来てもらい、希望や予算に応じたセキュリティプランや見積もりを取ります。

 

見積もりや契約前に、要点を押さえて逐一確認を取ることで「契約したが当初の予算以上に料金が高額になった」「思っていた以上に使い勝手が悪い」など、選び方に失敗する可能性を低くできます。

 

見積もりや契約前に確認するポイント

 

プラン内容
待機所からの距離・到着時間
ホームセキュリティにかかる総費用
解約条件
保障の範囲
利用できる通信回線
プラン内容

 

一般的なホームセキュリティサービスは主に5つあります。

 

防犯(外出・在宅時)
非常通報
緊急通報
火災監視・ガス漏れ監視
見守りサービス
内容は業者やプランによって大きく異なり、サービス内容も標準装備か追加オプションかで料金が変わってきます。

 

例えばセコムだと、外出・在宅時の防犯は基本プランになっていますが、ALSOKだと在宅時の防犯はオプション(在宅ALSOK)で、別途料金がかかります。

 

自宅ではどのような防犯対策が必要なのか、ライフスタイルにあったセキュリティは何が良いのかを考えることが大切です。

 

参照:ホームセキュリティシステムの仕組みや種類は?

 

待機所からの距離・到着時間

 

待機所(緊急発進拠点)とは、万が一何かあった時に自宅まで駆けつけてくれる緊急対処員がいる場所のこと。

 

各業者の営業所や、待機所に指示を出すコントロールセンサーとは別にあることが多いです。待機所の場所は防犯上、Webサイトなどでは公開していません。

 

見積もりに来た担当者の人に、待機所の場所や自宅までの距離、通報から到着までの予定時間を確認しておくと、非常事態時にすぐ駆けつけてもらえます。

 

業者によっては、待機所の数が多いことをアピールしている所もありますが「待機所の数が多い=自宅から近い」とは限りません。

 

都道府県公安委員会規則では、通報から現場までの到着時間を25分以内と定めています。25分以内でより早く自宅まで駆けつけてくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

参照:ホームセキュリティの待機所はどこ?自宅まで到着時間は何分かかる?

 

ホームセキュリティにかかる総費用

 

月々の月額料金以外にも、サービスの利用には数々の費用がかかります。

 

契約期間は最低でも5年と長いので、月額料金が安くても長期的に見れば高額になることも多々あります。

 

導入に際してかかる費用の内訳をまとめてみました。
プランによっては不必要な場合もあります。

 

月々の料金
取付け・撤去時の工事費
セキュリティ機器の価格
保証金
通信料
緊急出動費
解約金、違約金
各サイトには料金プランが掲載されていますが一例に過ぎず、各家庭によって同じような内容のセキュリティをしようと思うと、業者によって料金がマチマチになりやすいです。

 

見積もりの際は、ホームセキュリティにかかる全ての費用を確認することが大切です。

 

参照:料金は月1万円以下!ホームセキュリティの価格相場

 

解約条件

 

契約期間は5年、後は1年ごとの自動更新の所が多いです。
その5年間の間に引っ越しや何らかの事情があって、途中で解約する可能性も考えられます。

 

解約した場合の解約料や違約金の有無、料金に関しても確認しておきましょう。
会社によって解約料の計算の仕方や、解約時期による解約料の有無が結構異なります。

 

例えば「仕事の都合で3年の内に引っ越す可能性がある。その場合の料金の総合計はいくらになるか?」など、中途解約も視野に入れた質問をしておくと良いです。

 

参照:ホームセキュリティを解約したい。クーリングオフや解約金はある?

 

保障の範囲

 

「ホームセキュリティの導入後、盗難や侵入によって損害が出た場合は保障があるのか」「セキュリティ機器を撤去した後の原状回復はできるのか」など業者の責任や保障の範囲を確認します。

 

例えばセコムでは現金や貴金属、家財道具が盗まれた時は最大250万円の保険金が降りたり、火災や不審者侵入で建物などが壊れた場合、修復費用を支払ってくれたりと保障が充実しています。

 

複数から見積もりを出してもらうと「料金は高いけど保障がしっかりしている」「費用は安く済むが、保険や保障が期待できない」と言うような比較がしやすくなります。

 

セキュリティ機器の使いやすさ・デザイン

 

セキュリティ機器には、ホームセキュリティの設定解除を行なう「ホームコントローラー」、持ち運び可能な「リモコン式コントローラー」、開閉センサー、空間センサーなどの各種センサーがあります。

 

各種センサーはデザインや性能がほぼ同じですが、コントローラーのデザインや操作性はかなり異なります。

 

例えば、ホームコントローラーの画面が液晶のタッチパネル式か、ボタン操作なのか。
セキュリティの設定警戒方法も、暗証番号の入力、カードキーを差し込む、専用端末を使うなど様々です。

 

自分や家族(特に小さな子どもやお年寄り)でも、簡単で分かりやすく使えるかどうかを見ておきましょう。Webや資料請求のパンフレットで見るだけでなく、ショールームを訪ねるなどして、実際に体感してみるのが一番良いです。

 

最近は携帯電話やスマートフォンを使って、外出時からセキュリティの設定解除ができる所も多いです。外出時先からのセキュリティの設定が可能かどうかも確認しておきましょう。

 

利用できる通信回線

 

ホームセキュリティでは、万が一何かあった時にコントロールセンサーへ緊急信号を発信する為に通信回線を使用します。

 

通信回線には電話回線とインターネット回線の2種類あり、有線または無線でセキュリティ機器を繋ぎます。

 

業者によって利用できる通信回線が限られたり、停電時の対策として緊急電源装置が別途必要な場合があったりします。

 

自宅で使える回線は何か、回線を変えたいと思った時にすべきことに関しては、事前に把握する必要があります。

 

また配線の露出度やセキュリティ機器の取付け場所、方法も知っておくと、導入後の部屋の様子が想像しやすくなります。

 

利用状況や回線によって、インターネット回線の速度が遅くなったり、通信料がかかったりする場合があるので、その辺りもあわせて確認します。

 

参照:停電した時、セコムなどのホームセキュリティは作動しなくなる?

 

最後に

 

ホームセキュリティの導入の際は最初から1社だけに絞らず、できる限り複数の会社の見積もりを取ることが大切です。

 

比較することで自宅に必要なプランや防犯対策、セキュリティ機器が何なのか、分かりやすくなります。

 

また複数から見積もりを取ることで、料金の値下げ交渉もしやすいです。

 

引っ越しの時の見積もりのように「そちらで契約を考えているが、料金が高いのがネック。B社の方が○○○円と安いので悩んでいる」などと言えば、担当者が料金を値下げしてくれる可能性が高くなります。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ